ゆうちょ銀行の生命保険でお金を借りる

親にお金を貸して欲しいと頼まれたときに、生命保険でお金をかりました。
当時の郵便局、現在のゆうちょ銀行の生命保険で200万ほど借りたとおもいます。

親にお金を貸して欲しいと言われたとき自分の貯蓄もありましたが、それは目的があって貯めていたので手を付けたくありませんでした。
断ることもできましたが、それも胸が痛みできませんでした。

かと言って消費者金融みたいなところは「怖い人がいる」「取り立て」「高額な利息」などのイメージがあり、絶対に使いたくないと思っていました。

他に、お金を用意できる方法を考えた時、生命保険を担保に借り入れができると知りました。

そこで借りればもし、親が返してくれかった場合、
(そんな事、考えたくもありませんでしたが・・・親がお金を貸して欲しいと言ってきた時点でかなりショックで
同時に、親への信頼も薄れ、その後の自分の身を守るためにもその可能性も考えずにはいられませんでした)

最悪、自分が返済することになる。

そうなった場合、生命保険を担保に借りれば現金で返済できなくても、
生命保険を解約すれば満期時返戻金として貯めていたお金で返済できる。

現金で返金するよりも生命保険の補償を手放し、保険は自分で入りなおそうと考えました。

結果的には、親が一年後に返済したのですが、利子が思ったよりも少なかった記憶があります。

同じ様な状況はないのが一番ですが、もし、もう一度同じ状況があっても
生命保険を使うと思います。

カードローンより低金利な生命保険の契約者貸付制度

親戚に不幸があり、どうしても早急にまとまったお金が必要となった親から、都合してほしいと頼まれたのが30万円でした。

ですが、私も持ち合わせがあったわけでもなく、致し方なく借り入れを考えていたところ、生保の契約者貸付制度が利用できることを知り、すぐに申し込みをすることにしました。実際に、私が借りたお金の金額は30万円です。

生命保険でお金を借りて良かったことは、とにかく、低い利率での借り入れができたことです。ほかにも、生命保険契約を継続したままでの利用が可能であったところも、大変うれしいポイントでした。ちなみに、生命保険でお金を借りるときに困ったということは特にありませんでした。

そして、消費者金融のカードローンと比べたときのメリットは、申込時の審査を受ける必要がなかったことです。また、デメリットは、返済しないと生命保険契約が失効してしまう恐れがあるということでした。

私は調べてみてこういう制度があるということを知りましたが、知らなければきっともっと大変なことになってしまっていたように思います。

今回、たまたま生命保険の契約者貸付制度を利用したことによって、知らないことで損をすることのないよう、いつもアンテナを張り巡らせておく必要があるということを痛感させられました。